ダイエットについての勘違い 2013.10.21更新




多くの人が間違いやすいのが、「カロリーを減らせば痩せる」というもの。
実は、これは間違いです。
逆に体脂肪を増やすことにつながり、ダイエットになりません。

体脂肪が増えてしまう原因ですが、糖質のとり方に問題があります。
糖質を極端に減らす食事や、食事の後ですぐにお腹がすいてしまう食べ方をすると、身体が飢餓状態と判断してしまいます。
この状態が長ければ長いほど、栄養が入ってこない!と身体が認識してしまって、脂肪を体にためようとします。
そうなると、見た目的には痩せていても、実は脂肪が多い、隠れ肥満という状態になることもあります。

では、具体的にどのような間違いが、失敗の原因となっているのでしょうか。

1、野菜しか食べない
野菜は栄養いっぱいでしかもヘルシーだから、これだけ食べれば大丈夫、と考えがちですが、このような食事は体脂肪を増やす原因になります。
しかも、体調不良の原因にもなります。

2、ご飯やパンは食べない
太るから、という理由で、ご飯やパンといった主食を食べない人がいますが、これも間違いです。
必要になる糖質が減ることになってしまうため、痩せるためにも食べる必要があるのです。

3、朝ごはんを食べない人
朝食抜きは、最初に説明したように、飢餓の状態を作ってしまうことになります。
この状態が長く続いてしまうと、太りやすい身体になっていきやすくなります。

4、料理に油をまったく使わない
油はカロリーが高いから、という理由でまったくとらない事は、ダイエット成功のためには良くない事です。

5、食事は簡単なもので済ませる
コンビニなどで買ったパンと飲み物だけでご飯を済ませたりすると、体内の脂肪が増えているかもしれません。

6、断食ダイエットをする
断食は短い時間で痩せる事ができますが、その後でリバウンドをしやすくなります。


間違ったダイエット法を実践している人

様々なダイエット方法が出回っている現在ですが、中にはまったく痩せない方法もあります。
A、糖質カットダイエット、炭水化物を制限するダイエット
糖質をまったくとらなかったり、炭水化物を減らす方法は、ほぼ確実にリバウンドをします。

B、血液型ダイエット
子供の頃から今まで食べてきたものなどは、体質に影響しますが、血液型によって食べ物を選びダイエットをする、という方法は無理があると考えます。

C、チョコレートダイエット
ダイエットのためには、甘くないチョコレートを選びます。このようなチョコレートはとても食べにくく、長く続けることが困難です。

あなたに向いていないダイエットをしている
ダイエットの方法の多くが、医学的根拠がない、続けることができない、短い期間だけしか効果がない、などの問題があります。
このような問題点を、あらかじめ調べて知っておくと良いでしょう。

全員に効果のあるダイエット法はありません。
ある人には効果があったとしても、食事も運動量もまったく違うあなたにも同じように効果がある、とは限らないのです。
人によって、薬と同じようにダイエットにも向き不向きがあります。

よく調べて、本当にあなたに最適なダイエット方法を見つけることが重要です。





menu
成功するダイエット法の条件とは

効果が期待できないダイエットについて

次々出てくるダイエット法の中から、自分に合ったものを見つける方法

低炭水化物ダイエットは日本人には向かない?

断食ダイエットが成功しないワケ

血液型ダイエットはおすすめしません